THE LAST BAUS-さよならバウスシアター、最後の宴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

run.

「この物語はきみが読んできた全部の物語の続編だ」
彼はそう言った。彼は古川日出男という。彼はめがねをかけている。そのめがねを通して世界を捕える/捉える。彼はジムで体を鍛えている。その体を使い、捕えた/捉えた世界を書き留める。そして書き留めた世界を彼は時々、声に発する。それが今日だ。俺は彼の声を聞いた、紀伊國屋で。今日もまた、彼は叫ぶ。時には激しく、時には優しく。その叫びは俺の胸に響く。その瞬間、紀伊國屋には世界がある、と俺は勝手に思う。俺は俺のめがねを通してその世界を捕える/捉える。そして俺は書き留める、この世界は俺が捕え/捉えてきた全部の世界の続編だ、と。そして俺は彼から言葉をもらう。

run.

わかった。俺はrunするぜ、この世界を。走り抜けてみせる。

古川日出男 朗読会&サイン会

2007.07.22 | | Comments(0) | Trackback(0) |

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

bokusatchii

Author:bokusatchii
東京在住。
最近、記憶力が危なくなってきたので、脳ミソの外付けHDD用にブログを始めてみた。

マイマイ新子と千年の魔法

ブログ内検索

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

    MONTHLY

free counters


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。