THE LAST BAUS-さよならバウスシアター、最後の宴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

曲想・奏法に関する表示法

「楽典 理論と実習 新装版」音楽之友社より抜粋

第8章 曲想・奏法に関する表示法
Ⅳ 略記法
1 反復記号
1)repeat mark 01  repeat mark 02および,それに関する記号
何小節かの内容を反復して演奏させるときに用いられる記号であり、
この記号にはさまれた部分を2回演奏することを表わす。
ただし,曲の最初から反復する場合は,repeat mark 01の方は省略する。
次の例から,この記号の用い方を理解して欲しい。
example_15


もし反復される内容が終わりの部分だけ異なる場合は,次のように表わす。
example_16


また次のような用い方が行われる場合もある。歌曲などに多くみられる。
example_17


2 略記号および簡略用語
1)simile (sim.)
同様にという意味の語である。
example_22




http://www.evangelion.co.jp/final.html

2012.11.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | メモ

«  | HOME |  »

プロフィール

bokusatchii

Author:bokusatchii
東京在住。
最近、記憶力が危なくなってきたので、脳ミソの外付けHDD用にブログを始めてみた。

マイマイ新子と千年の魔法

ブログ内検索

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

    MONTHLY

free counters


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。